芥見下々先生が最終回を暴露「メインキャラのうち1人しか残らない」って誰のこと?

ニュース

呪術廻戦の人気が上がってきていますね。今年の冬には初の映画が公開されるようで、呪術廻戦がさらにおもしろくなりそうです。

そんな中、作者の芥見下々(あくたみげげ)先生が最終回を暴露したということが判明しました。一体どんな内容なのでしょうか?

今後の展開や映画化と合わせて紹介します。

呪術廻戦の最終回は全員死ぬ?

芥見下々先生が呪術廻戦の最終回について言及したのは、2019年のジャンプフェスタのときです。素顔は公開されませんでしたが、本人の声で登壇されたようです。

ジャンプフェスタのとき、呪術廻戦の最終回について次のように語っていました。

「虎杖、伏黒、釘崎、五条のうち1人死ぬ」または「虎杖、伏黒、釘崎、五条のうち1人残して全員死ぬ」のどちらかを考えているということです。

何ということでしょう~。釘崎は真人の無為天変を喰らってしまい、死んだかのように見えますが、どうなのでしょうか?

では、誰が死んでしまうのでしょうか?芥見下々先生はどのように考えているのかを見ていきましょう

芥見下々先生は虎杖が苦手?

https://twitter.com/Ito96775913/status/1374685499261091840

意外なことだと思われますが、芥見下々先生は虎杖悠仁が苦手だということを語っています。

なんでも、少年誌の主人公で苦手な部分を押し付けたキャラクターとして設定したのが虎杖だそうです。

芥見下々先生は虎杖のような、底抜けの善人は苦手なんですね。闇を抱えている方がいいのでしょうか?そうすると伏黒とか、釘崎とかかな。

このように考えると、最終回はどちらかになりそうです。

虎杖が死ぬか、虎杖だけ生き残るか

 

芥見下々先生が好きならキャラは七海

教えて芥見下々先生で呪術廻戦の好きなキャラクタについての質問がありました。

芥見下々先生の回答は

お気に入りのキャラは七海(ななみん)だということです。

七海は真人にやられてしまいましたね。お気に入りのキャラから死なせていく設定なのでしょうか?

なんともやるせない感じです。

 

釘崎はすでに死んでいる?

真人の無為天変を食らってしまった釘崎はどうなっているのでしょうか?芥見下々先生はすでに死んでいるとのことですが、実際のところどうなのでしょうか?

新田新の能力で一命をとりとめたようにも見えますよね

 

五條悟は獄門彊から開放されるのか?

全くわかりません。五条悟は一体どうなるのか?助かるのか?それとも捕まったままなのか。今後の展開を見守りましょう。

 

呪術廻戦の最終回はあと2年で終わり?

芥見下々先生が呪術廻戦はあと2年で終わりと爆弾発言をしたそうです。終わることなんか聞きたくなかったという人もいると思いますが、始まりがあれば、終わりもあります。

2年後ということは、2023年には終わるということですね。

そのときには、最終回がどうなるかは決まっているでしょう。

 

呪術廻戦の最終回は誰が生き残る?

芥見下々先生が公言した「1人死ぬ」「1人だけ生き残る」は誰になるのでしょうか?仮に釘崎が死亡していて、1人だけ死ぬという設定なら、伏黒、虎杖、五条は生き残ることになりますね。

1人だけ生き残るとしたら、誰になるのでしょうか?可能性として上がるのが、虎杖か伏黒のどちらかになるでしょう。

理由としては、虎杖には両面宿儺がいる。両面宿儺は伏黒を生かしていた。というところから、おそらく、虎杖と伏黒は最後まで生き残っているのではないでしょうか。

 

芥見下々先生の本名は何?

気になるのが芥見下々先生の本名ですね。芥見下々という名前はペンネームだということですが、本名は何になるのでしょうか?

こちらにまとめてみました。

芥見下々さんの本名が判明?出身は岩手県のどこなの?中学や高校はどこ?
呪術廻戦の作者である芥見下々さんのテレビ初出演が決定!フジテレビONEの「漫道コバヤシ」に出演するそうです。なんでも漫道コバヤシ大賞の2020年グランプリになったことでテレビ出演が決まったそうです。顔出しNGなので、顔はわかりませんが、それ

まとめ

呪術廻戦の最終回がどうなるのか、気になりますね。あと2年で終わるということは、ワンピースよりも早く終わるということですね。

呪術廻戦が終わってしまうと、呪術廻戦ロスが残っている状態でワンピースが終了するため、ジャンプ読者にはかなりのダメージになるのではないでしょうかね。

ただ、最後まで目が話せないのが呪術廻戦です。続報が出てき次第追記していきます。

 

ニュース
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました