KDDI(au)の新プランはいつから利用できる?やっぱりキャリアメールは付かなかった!ドコモと一緒

ニュース

1月13日にKDDIが新プランを発表しましたね!

 

前回、ドコモのahamoの発表では、データ無制限などのプランを発表し、ユーザーから相当な非難を浴びた形になりました。

 

その後、ドコモのahamoに対抗するためのプランを準備していて、やっとはっぴょすることができました。

 

後出しじゃんけんに勝ったのか、負けのか。そしてキャリアメールは付くのか付かないのかを見ていこうと思います。

 

 

KDDIの新プラン「povo」

KDDIはオンライン専用の新プラン「povo(ポヴォ)」を1月13日に発表しました。発音しにくいプラン名ですね。

 

提供時期は3月から。そして料金は何と20GBで2,480円!ドコモやソフトバンクよりも安い金額を出してきました!

 

これで3キャリアの新プランが出そろいましたね。まとめると次のようになります。

 

ドコモ ahamoソフトバンク Softbank on LINEKDDI povo
データ容量20GB20GB20GB
超過後の速度1Mbps1Mbps1Mbps
月額料金2,980円(税別)2,980円(税別)2,480円(税別)
国内通話無料1回5分までかけ放題1回5分までかけ放題なし

KDDIだけ安いのは理由があります。皆さんもすでに言っていると通り、かけ放題が付いていないため、500円安くなっています。

 

KDDIは新プランをピザのようにトッピングできるという形式でスタートさせます。

まさにユーザーの欲しいに答えるように追加できるということですね。

 

なので、通話無料が必要なければ、2,480円で使えます。しかし、通話無料も必要ということなら、500円追加すれば使えます。

 

500円追加すれば、ほかのプランと同じになりますね。

 

トッピングというプラン形式

KDDIの新プランpovoはトッピング形式でのプランを作りました。現在、トッピングで追加できるプランは以下のものがあります。

 

データ使い放題 24時間 200円/24時間
データ追加 1GB 500円/1GB
5分以内通話かけ放題 500円/月
通話かけ放題 1,500円/月

 

かけ放題は5分以内だけではなく、完全かけ放題も選ぶことができます。

また、データ使い放題も追加することができるようです。

1回200円支払えば、24時間対応でき、何度でも設定できるようです。

 

なので、旅行に行くのでデータをかなり使うということなら、トッピングをするとかなり有効になります。

 

povoはいつから申し込みができる?

公式サイトによると提供開始時期は2021年3月からということです。

 

ただ、提供開始の初めは注意が必要とということも書いていました。

それは、povoのプランを使うためには、MNPが必要になのです。

 

移行については「簡便な手続きでの移行を実現したい考えている」(KDDI広報部)とのことだ。しかし、システム面での対応が必要となるため、サービス開始当初はMNP(携帯電話番号ポータビリティー)手続きが必要となるかもしれない。

しかし、auやUQモバイルからの移行する手数料は無料となるため、auユーザーの負担は少ないと思われます。

 

端末はユーザーが準備する

povoを使う端末はユーザー自身が準備をする必要があるという発表もあります。

 

端末については、ユーザーが自分で用意することを前提としており、サービス開始当初は端末のセット販売は予定していない。

サービス開始当初は端末のセット販売はしないということなので、現状使っている端末でpovoのプランに契約することになります。

 

おそらくですが、端末のラインナップはUQモバイルと同等になるのではないかと思います。

MVNOもサービス開始当初は端末のセット販売はありませんでした。

 

今では、MVNOでもセット販売が普通になったので。

 

ここで注意が必要なのは、端末のラインナップです。UQモバイルと同じような端末になるとiPhoneの最新機種のセット販売はpovoではないかもしれませんね。

 

 

キャリアメールは付かなかった

新プランpovoは、ドコモやソフトバンク同様にキャリメールはつきませんでした。

 

トッピング形式でプランを変更できるので、もしかするとキャリアメールもトッピングで使えるようになるかもしれませんね。

 

ただ、対象がオンラインで申し込むことができる方たちなので、キャリアメールが必要ない人が多いので、キャリアメールはつけないことにしたのでしょう。

 

ほかのキャリアとの違いはeSIMの対応

ドコモのahamoやソフトバンクのSoftbank on LINEとの違いは料金面ではありません。唯一の違いはeSIMでの対応が今後できるようになることです。

 

eSIMはSIMカードの差し替えなしで、ほかのキャリアのプランを使うことができるものです。なので、ドコモを使いながら、auも使うということも可能になります。

 

また、端末を変更するときにもSIMの差し替えが必要なくなるので、より端末の取り換えが簡単になるのでしょうね。

 

さよならauから・・・

ドコモのahamo発表後のKDDIの新プランでさよならauといった方々はこの新プランでどうなったのでしょうか?

 

KDDIの新プランpovoの印象は良いようです。ただプラン名に難あり?

 

povoの意味は貧乏?

povoの意味を検索した人たちがいました。それによると、povoはpovertyの俗語だとか。

 

早速、Google先生に翻訳してもらうと・・・

povertyは貧困や貧乏という意味らしいです。

 

これに対して、twitterの反応は?

https://twitter.com/301pri/status/1349244594706284546

 

povoには人という意味も・・・

しかし違う意味もあるそうです。

povoをそのまま、Google先生で翻訳すると・・・

 

ポルトガル語で人という意味になりました。

 

 

どちらが本当の意味なのか分かりませんが、人であってほしい気もしますね。

 

まとめ

さよならauといわれたときとは比べて、画期的なプランを出してきましたね。これで3キャリア出そろったので、どのキャリアを選ぶのか、ユーザーのてにゆだねられます。

 

それぞれ、オンラインでの申し込みとなるので、乗り換えプランやお得なプランがあるような気がします。お得なプランが出てきたら、情報を追記しようと思います。

ニュース
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました