藤森慎吾さんが聖火ランナーを辞退しない理由は、Youtubeで稼いでいるから?!

オリンピック

著名人の聖火ランナーの辞退が続出していますね。政府も辞退する人がいる中で苦言を呈しています。そんな中、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんは聖火ランナーを辞退しないとTwitterで発表しました。

ほかの著名人の方と何が違うのでしょうか?色々と状況を見たところ、意外な事実が判明しました。

その理由を見ていきましょう!

 

藤森、地元長野で聖火ランナーやらせていただきます

藤森慎吾さんのこんなツイートが話題に上がっています。

著名人が聖火ランナーを辞退するなかで、この発言は気持ちいいですね。すでに多くのファンが応援しています。

聖火ランナーを辞退するかもと思わせておいて、この発言は勇気づけられますね。ではほかの著名人はどんな理由で辞退したのでしょうか?

 

仕事のスケジュールが合わないから聖火ランナーを辞退

聖火ランナーを辞退した著名人は次の通り

・斎藤工
・玉城ティナ
・常盤貴子
・阿部真央
・五木ひろし

辞退した理由はいずれも聖火ランナーと仕事のスケジュールが合わないというところからです。

しかし、本当の理由は別のところにあったようです。

こちらの記事で詳しく書いています。

 

藤森さんが聖火ランナーを辞退しないのはお金のためだった?

では、藤森さんが聖火ランナーを辞退しないのは何でしょうか?辞退が続出している雰囲気をぶち壊すためとも考えられますが、一番の理由はYoutuberだからということではないでしょうか。

 

コロナ禍の聖火リレーなので、出場するランナーには2週間の謹慎が求められています。辞退した方々の収入の多くは、テレビ番組に出演したり、CMの撮影があったり、コンサートをしたりとどう考えても密になる可能性が高いですね。

芸能人が2週間も仕事を休むといろいろと支障が出てきますし、ドラマや映画のキャストなどで呼ばれることはなくなります。

仕事がなくなることを恐れて辞退したと思われても仕方がないですね。

 

しかし、藤森さんは吉本興業を退社し、今はYoutuberとして活躍しています。Youtuberとして稼ぎが安定しているため、聖火ランナーとして制限があっても出ることができるのだと思います。

 

Youtubeの撮影は数人のスタッフがいればできていますので、密にはなりませんね。聖火ランナーとして走る2週間を十分に気を付けていれば問題ありません。

 

それに、聖火ランナーとして出場すれば、さらに認知度が上がり藤森さんがやりたいことが早く実現することができますから。藤森さんにとってはプラスしかない。

 

まとめ

今回は、藤森慎吾さんが聖火ランナーを辞退しない理由を推測していきました。やはり、本業とは別で収入を持っている人はどんな環境になっても強いですね。Youtuberは動画を見てくれる人がいれば、いつでも収益が発生するので、仕事をしなくてもお金が入ってきます。

安定した基盤ができればどんなことでも挑戦できますね。

オリンピック
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました