【年収アップ】40代女性が知っておきたい平均年収と転職成功の秘訣

転職

40代女性の多くが抱える悩みの1つに「年収」がありますよね。

年齢を重ねるごとに増える責任や将来への不安に対し、今の収入で本当に大丈夫なのか、と悩んでいませんか?

 そこで今回は、40代女性の平均年収を詳しく解説し、年収アップのための具体的な方法を紹介します。

転職市場の動向や成功事例も交えながら、40代からのキャリアプランを考えるヒントをお届けします。

ぜひ最後まで読んで、あなたのキャリアアップに役立ててください。

40代女性の平均年収は?

40代女性の平均年収は、約561万円です。これは、日経転職版「大卒年収調査2023」によると、大卒以上の40歳~49歳の女性の平均年収が561.0万円だったという結果に基づいています。

年代別に見てみると、20代後半から30代前半にかけて緩やかに上昇し、30代後半から40代前半にかけて上昇幅が大きくなります。しかし、40代後半から50代前半にかけてはほぼ横ばいとなり、その後再び上昇に転じるという傾向が見られます。

40代女性の平均年収を、男性と比較してみましょう。40代男性の平均年収は897.5万円となっており、男女間で約336万円もの差があることが分かります。

この差は、20代前半では約80万円と比較的少ないですが、年齢を重ねるごとに開きが大きくなっていく傾向にあります。

これは、結婚や出産、育児といったライフイベントの影響を受けやすい女性の方が、キャリアを中断せざるを得ないケースが多いことが要因として考えられます。

また、職場における女性の管理職比率の低さや、女性が働きやすい環境が十分に整っていないことも、年収差に影響を与えている可能性があります。

条件別の平均年収を紹介!

40代女性の平均年収は、雇用形態、最終学歴、業種、企業規模など、さまざまな条件によって異なります。

雇用形態別に見る年収の違い

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、40~44歳の女性のうち、正社員・正職員の平均年収は約331万円、正社員・正職員以外の平均年収は約238万円と、約93万円もの差が見られます。

非正規雇用の方は、昇給やボーナスの機会が少ない、キャリアアップが難しいなどの理由から、年収が低くなりがちです。

学歴別に見る年収の違い

同じく「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、40~44歳の女性の平均年収は、高卒で約275万円、専門学校卒で約330万円、短大・高専卒で約332万円、大学卒で約393万円、大学院卒で約490万円となっています。

一般的に、高学歴であるほど高い専門知識やスキルを持つ傾向があり、その結果、高収入の仕事に就きやすいと考えられます。

業種別に見る年収の違い

業種別に見ると、40~44歳の女性では、「情報通信業」が約423万円と最も高く、次いで「電気・ガス・熱供給・水道業」が約413万円、「学術研究、専門・技術サービス業」が約412万円となっています。一方、最も低いのは「宿泊業、飲食サービス業」の約294万円で、「製造業」や「サービス業(他に分類されないもの)」も約290万円台と低い傾向にあります。

企業規模別に見る年収の違い

企業規模別では、40~44歳の女性の場合、従業員数1,000人以上の大企業で約359万円、100~999人の中企業で約331万円、10~99人の小企業で約300万円となっています。

企業規模が大きいほど給与水準が高く、福利厚生も充実している傾向があるため、年収が高くなる傾向があります。

手取り額は?

40代女性の平均年収は約561万円ですが、これはあくまでも税金や社会保険料などが差し引かれる前の金額です。実際に受け取れる手取り額は、ここからさらに減ることになります。

一般的に、手取り額は支給額の約75%~85%と言われています。40代女性の平均年収に当てはめると、手取り額は約420万円~477万円となります。

もちろん、家族構成や住んでいる地域、加入している保険などによって、控除額は大きく変わるため、手取り額も変動します。

大切なのは、年収だけに注目するのではなく、手取り額を把握しておくことです。 自分の収入と支出をしっかりと把握し、将来のライフプラン(結婚、出産、住宅購入、老後資金など)を現実的に考えていく必要があります。

40代女性が年収をアップさせる方法4選

40代からのキャリアプランを見直し、年収アップを目指すなら、以下の4つの方法が考えられます。

①現職で昇進・昇格を目指す

現在勤務している会社で、より責任と権限の大きなポジションを目指し、昇進・昇格を狙う方法です。

40代になると、専門知識やスキルだけでなく、マネジメント能力やリーダーシップ、周囲とのコミュニケーション能力なども評価の対象となるため、これらの能力を磨くことが重要になります。

「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、40代女性で役職別に平均年収を見ると、部長級は約624万円、課長級は約522万円、係長級は約405万円、非役職者約303万円と、役職が上がるにつれて平均年収も高くなる傾向があります。

②業務と関連性の強い資格を取得する

専門知識やスキルを証明する資格を取得することで、キャリアアップや年収アップに繋げることができます。

資格取得は、自身のスキルアップになるだけでなく、会社によっては資格手当や昇給の対象となる場合もあります。

業務に関連性の高い資格を取得し、専門性を高めることで、転職の際にも有利に働く可能性があります。

③すき間時間を使って副業をスタートする

空いた時間を活用して副業に挑戦するのも、年収アップの有効な手段です。近年は、副業を認める企業も増えているため、本業で培ったスキルや経験を活かして、新たな収入源を得ることができます。

プログラミングやWebデザイン、ライティングなど、近年需要が高まっているスキルを身につけることで、将来的にフリーランスとして独立することも視野に入れることができます。

④現職よりも好待遇な企業へ転職する

現在の職場環境や待遇に満足できない場合は、思い切って転職を考えるのも良いでしょう。40代は、これまでの経験やスキルを活かせる求人も多く、年収アップやキャリアアップを実現できる可能性があります。

転職活動では、転職サイトや転職エージェントを有効活用し、情報収集や企業研究をしっかり行うことが重要です。

40代女性の転職市場は今後広がっていく見込み

かつては「転職は35歳が限界」と言われていましたが、近年では、40代以降の転職市場も活況を見せています。

長年の労働力不足や、経験豊富なミドル層の採用ニーズの高まりなどにより、40代女性の転職市場は、今後もさらに広がっていくと予想されています。

特に、1970~80年代のバブル崩壊後に就職活動を行った、いわゆる「就職氷河期世代」の40代女性は、高いスキルや豊富な経験を持ちながらも、当時の厳しい雇用環境のために十分なキャリアを積めなかったという方も少なくありません。

企業側も、こうした優秀な人材を求めて、積極的に採用活動を行うようになっています。

また、2016年に施行された「女性活躍推進法」も、40代女性の転職市場を後押ししています。

企業に対して、女性の管理職登用や働き方改革の推進が求められるようになり、管理職経験のある40代女性や、育児経験を活かせる人材などが注目されています。

このような状況から、40代女性は、自身のスキルや経験、キャリアプランをしっかりと見据え、積極的に転職活動を行うことで、より良い条件の仕事に就ける可能性が広がっています。

転職で年収アップに成功した40代女性の事例2選

40代女性が転職でどのように年収アップを実現したのか、具体的な事例を2つご紹介します。

【事例1】 年収1000万円! 数社に集中して希望を実現

40代女性Aさんは、メーカーで広報職として勤務していましたが、より専門性を活かせる仕事で年収アップを目指し、ESG担当として転職活動を行いました。

Aさんは、自身の経験やスキルを棚卸し、転職市場における市場価値を分析。その結果、専門性の高いESG担当であれば、年収1000万円も夢ではないと判断し、希望条件を明確に定めました。

そして、転職エージェントを活用しながら、自身の経験とキャリアプランに合致する企業を厳選し、徹底的な企業研究を実施。面接では、これまでの実績や培ってきたスキルをアピールし、熱意と誠意を持って企業と向き合いました。

その結果、Aさんは、希望通りの条件で内定を獲得し、年収1000万円を実現することができました。

【事例2】 転職2年目で100万円増! 時間差で年収アップ

40代女性Bさんは、財団で調査職として勤務していましたが、より裁量の大きい仕事に挑戦したいという想いから、転職を決意しました。

Bさんは、転職活動を通して、自身のキャリアプランや希望する働き方を明確化。そして、転職エージェントのサポートを受けながら、希望に合致する求人を紹介してもらい、複数企業の選考に進みました。

最終的に、Bさんは、年収は横ばいながらも、将来的にキャリアアップと年収アップが見込める企業へ転職することを決断しました。

入社後、Bさんは持ち前のコミュニケーション能力と語学力を活かして、周囲からの信頼を得ることに成功。その結果、入社2年目には、リーダーシップを発揮してチームをまとめるポジションへと昇進し、年収も100万円アップしました。

これらの事例からも分かるように、40代からの転職であっても、戦略的に活動し、企業のニーズと自身の強みをマッチさせることができれば、年収アップやキャリアアップを実現できる可能性は大いにあります。

年収アップのために!40代女性の転職成功5つのポイント

40代女性が転職を成功させ、年収アップを実現するためには、以下の5つのポイントを押さえておくことが重要です。

① 転職で譲れない条件を決めておく

転職活動では、年収だけでなく、勤務地や勤務時間、仕事内容、社風など、さまざまな条件を考慮する必要があります。
まずは、「自分にとって何が最も大切なのか」という優先順位を明確化し、譲れない条件を明確にしましょう。

② 自身のスキル・経験を生かせる仕事を選ぶ

40代になると、20代、30代に比べて、転職市場では求人の数が限られる場合もあります。
しかし、一方で、長年培ってきた経験やスキルは、企業にとって大きな魅力となります。
これまでの経験を活かせる仕事を選ぶことで、転職活動を有利に進めることができます。

③ 企業研究を念入りに行う

企業の事業内容や経営状況、社風、待遇などを事前にしっかりと理解しておくことは、ミスマッチを防ぎ、転職後の満足度を高めるためにも非常に大切です。
企業のホームページや転職サイトの情報だけでなく、実際に働いている人の声を聞くなど、多角的な情報収集を心がけましょう。

④ ミドル層向けの転職サイトを活用する

転職サイトには、それぞれに得意とする年齢層や職種があります。
40代女性が転職活動を行う際は、ミドル層の転職支援に強みを持つ転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。

⑤ 応募先を絞り、集中して取り組む

転職活動は、多くの企業に応募すれば良いというものではありません。
応募書類の作成や面接対策など、時間と労力を要するため、闇雲に応募するのではなく、自分の希望や条件に合致した企業を厳選し、質の高い転職活動を行いましょう。

まとめ

40代女性の平均年収は約561万円ですが、男性と比べると約336万円の差があり、雇用形態や学歴、業種、企業規模によって大きく異なっています。

しかし、近年は40代女性の転職市場も活発化しており、自身のスキルや経験を活かして、年収アップやキャリアアップを実現するチャンスが広がっています。

転職活動では、事前の準備が重要です。譲れない条件を明確化し、自己分析や企業研究をしっかり行い、転職サイトや転職エージェントを有効活用しながら、戦略的に進めていきましょう。

そして、今回の記事でご紹介した転職成功事例やポイントを参考に、40代から始まる新しいキャリアを積極的に切り開いていきましょう。

看護師の転職で失敗しない3つの方法

忙しい看護師の方はなかなか転職活動ができないですよね。失敗したくなけど、どうやればいいのか?
何を基準に選べばいいのか?
転職サイトを使ったほうがいいのか?
すべての疑問を解消します

転職
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました