五十嵐圭さんの年俸は1600万円→550万円にダウン?それでも現役続行の理由とは

有吉ゼミの大食いチャレンジに出演する五十嵐圭さんはプロバスケットボール選手です。40歳でも現役続行をしているチャレンジ精神あふれる方です。

今回、B1リーグの新潟から来季にB1に昇格する、B2の群馬に移籍することになったそうです。B1からB2への移籍なので、年俸も下がっていることでしょう。

気になるのが、プロバスケ選手ってどれくらいの年俸をもらっているのか?ということですよね。公開されていませんが、どれくらいなのかを推測してみます。

 

B1リーグ時代は1600万円の年俸だった

プロ選手で年俸1,600万円と少ないなと思われるかもしれませんが、プロバスケ選手に限っては、高いほうです。

一番年俸が高い方は、千葉ジェッツに所属している富樫勇樹選手。年俸は1億円を突破した!ということでニュースになっていました。

では、五十嵐圭選手はどれくらいの年俸だったのでしょうか?

 

朝日新聞の情報によると、B1リーグに所属している選手の年俸は平均で1610万円だったという情報があります。

Bリーグは25日、18―19年シーズンの各クラブの決算の概要などを発表した。日本代表選手だけでなく、B1所属の日本選手の平均年俸も今季は1610万円に増える。16―17年シーズンは820万円で、倍増していることがわかる。

出典元:朝日新聞社

 

そのため、五十嵐圭選手も1600万円の年俸だったのではないでしょうか?

しかし、移籍を繰り返し、現在はB2の群馬クレインサンダーズに所属することにB2リーグではどれくらいの年俸になったのでしょうか?

 

B2リーグの平均年俸は550万円

B2リーグの年俸も公開されていませんが、B1リーグの1/3程度ではないかという情報があります。そうすると、おそらく年俸は550万円ほどになります。

五十嵐圭さんにとってみれば、B1リーグから大幅ダウンになりますね。

ただ、群馬クレインサンダーズは来季にはB1に昇格するクラブです。B1に昇格するためには、ゲームでの成績も重要ですが、会場の収容人数の制限も加わるそうです。

 

収容人数が増えれば、その分クラブの収益も上がるので、選手の年俸も上がります。そのため、五十嵐圭さんの年俸も昇格に伴い、上がってくるのではないでしょうか?

 

五十嵐圭さんが現役続行の理由とは

五十嵐圭さんがプロバスケ選手として現役続行をする理由とは何でしょうか?

理由は3つあげられると考えます。

 

1.選手としてのちからは衰えていない
2.妻の存在が大きい
3.セントフォースに所属している

 

ニュース
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました