GACKTの発声障害はコロナが原因だった?一時は命に関わる状態になったものの今は安定

ニュース

GACKTさんが活動休止を発表しましたね

 

発音障害で活動休止

GACKTさんが声がでないということで、活動休止を発表しました

歌手、GACKT(48)が重度の発声障害で活動を無期限休止することが7日、分かった。日本のエージェント事務所によると、8月に海外から帰国後に体調不良を訴え、一時は生命の危機に陥いる状態まで悪化。現在、容体は安定しているが仕事の継続は不可能と判断し、治療に専念するという。活動休止を受け、来年公開予定の主演映画「翔んで埼玉」の続編撮影は中断となった。

出典元:ヤフーニュース

 

一時は命の関わる状態になったものの、SNSで大丈夫とファンにメッセージを送れるほど回復しているようです。

ホット一安心ですが、病状が回復するまで活動休止をされるようです。

でもGACKTさんはなぜ、発音障害になってしまったのでしょうか?

発音障害はコロナが原因だった?

神経系の疾患がきっかけとなり病状があったということですが、コロナの影響もあるかもしれません。

 

音声障害とは簡単にいうと、「発声機能に障害が生じ、思い通りの声が出なくなる病気・症状」です。最近では、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の影響で会話をする機会が減り、のどの筋肉 「声筋(こえきん)」 の衰えによる音声障害や、逆にリモート授業や会議などでいつもより大きい声を出すことによる音声障害のほうが増えてきている印象です。

出典元:東洋経済

 

神経系の疾患とコロナの影響で発音障害になってしまった可能性もありますね。

 

 

GACKTはいつごろ活動再開できるの?

GACKTさんは無期限活動休止と発表されています。いつごろ病状が安定するのかがわからないため、無期限という表現になったと思います。

 

ではどれくらいで復帰、活動再開となるのでしょうか?おそらく1年以上はくらいはかかると思います。

 

特に新型コロナウイルスにより、病院の機能がうまく行かない場合もあるので、治療にも時間がかかりそうです。

 

早く回復してほしいものですね。

ニュース
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました