【カゴパク】2020流行語大賞ノミネートに!その意味とは?

ニュース

2020年11月になり、早いもので今年もあと2か月となりましたね。

さて毎年、1年間に発生した新語・流行語大賞として選出されるノミネート語をご存じでしょうか?

現代用語の基礎知識として今年のノミネート30語が11月5日に発表されたそうです。

 

今年は新型コロナウイルス関連の話題1色になりました。

「アベノマスク」

「3蜜(三つの蜜)」

「おうち時間/ステイホーム」

「テレワーク/ワーケーション」

といった関連用語が多数選出されました。

 

下記の一覧は2020年の流行語大賞です。

 

そこで12番目にカゴパクという言葉が選出されましたが気になりますね。

「鬼滅の刃」よりも上位にあります。

 

今回はカゴパクについて解説していきたいと思います。

2020年流行語大賞の一覧

ノミネート30語は以下のとおり(50音順)

No. ノミネート語
1.愛の不時着/第4次韓流ブーム
2.新しい生活様式/ニューノーマル
3.あつ森
4.アベノマスク
5.アマビエ
6.ウーバーイーツ
7.AI超え
8.エッセンシャルワーカー
9.おうち時間/ステイホーム
10.オンライン○○
11.顔芸/恩返し
12.カゴパク
13.鬼滅の刃
14.クラスター
15.香水
16.GoToキャンペーン
17.3密(三つの密)
18.自粛警察
19.Zoom映え
20.総合的、俯瞰的
21.ソーシャルディスタンス
22.ソロキャンプ
23.テレワーク/ワーケーション
24.時を戻そう(ぺこぱ)
25.Niziu(ニジュー)
26.濃厚接触者
27.BLM(BlackLivesMatter)運動
28.PCR検査
29.フワちゃん
30.まぁねぇ~(ぼる塾)

カゴパクって何?

引用:Twitter

流行語一覧の12番目にカゴパクって何だろうか「?」と感じましたでしょうか?

このカゴパクの意味はス-パの買い物カゴを持ち帰るということです。

カゴをパクるからカゴパクという略語になります。

 

今年は「3密」「アベノマスク」「ソーシャルディスタンス」など新型コロナウイルスに関連するものが多数ノミネートされるのは分かるけど、まさか「カゴパク」が流行語大賞に選出されるとは思っていなかったでしょう。

カゴパクはいつからある言葉?

引用:Twitter

カゴをパクる行為はいつから起こったのでしょうか。

実際にはレジ袋有料化の以前から半年に150カゴほど盗まれる被害はあったようです。

そしてレジ袋有料化になってから急激に増えたようです。

 

スーパーなどで買い物すると今まで無料でもらえたレジ袋が7月1日から大きい袋1枚5円も取られるようになったからでしょうか。

ほんの数回程度ならレジ袋にお金払っても良いですが、これからスーパーなどで買い物するたびにレジ袋でお金を払うのはもったいないですよね。

 

1ヵ月に10回もスーパーで買い物するなら大きい袋で5×10で50円掛かります。

もしスーパーで1回買い物するときにレジ袋1枚では足らない時があれば月に50円以上掛かっているご家庭もあるのではと思います。

今まで無料でもらえたレジ袋ですが、これからはお金を払うのはバカバカしいですよね。

そして、7月からレジ袋有料化になってからカゴパクという言葉が流行したのでしょう。

 

カゴパクは月にどれくらい発生してる?

「7月は店のカゴが150個ぐらいなくなったんですよ」。埼玉県吉川市のスーパー「マルサン吉川店」の斎藤元宏店長はこぼす。会計済みの品物を入れる黄色のカゴには「持ち出し禁止」と印刷されているが、次々に持ち去られている。カゴを「パクる(盗む)」ことから「カゴパク」と呼ばれる。

以前から盗まれることはあったものの、150個は半年でなくなる量。一つ300円なので、4万5千円の損害だ。

引用:朝日新聞

 

スーパーの店のカゴが150個ぐらい無くなっているそうです。

意外に驚きですね。

そんなにも悪いことをする大人がいるとは。

被害額も大きいですね。

 

このカゴパク行為をする人は「(無料で提供されている)段ボールがなかったから仕方がないからやった」とか「今度返すからいいでしょ」とか罪の意識がない人まで様々のようです。

引用:Twitter

 

また、レジ袋有料化に伴い、無料提供されているポリ袋(豆腐や冷凍食品を入れたりする袋)を必要以上に持ち帰る迷惑行為も多発しているようです。カゴパクは万引きと同じと言われ逆切れする人もいます。

引用:Twitter

カゴの持ち帰りは10年以下の懲役または50万円以下の罰金になるそうです。

 

カゴパクについてネットの反応は

https://twitter.com/MerutoipuMeru/status/1310721186129616896

https://twitter.com/susneji/status/1324947449606144000

まとめ

カゴパクについて解説していきましたが、カゴパクは以前からある行為で今年の7月からレジ袋有料化になってからカゴパク行為が増えて、流行語になったようです。

以前は150個ほど盗まれていたそうですが、レジ袋有料化になってから1月で150個ほどの被害だそうです。

 

今年の7月からレジ袋有料化の政策は本当にこれで良かったのでしょうか。

万引きとカゴパクが増えたように思われます。

そして、レジ袋有料化にして困るのは、お客もそうですがお店側のほうでしょうね。

 

お店側は万引きとカゴパクという問題が一気に増えたように思います。

しかし、カゴパクは犯罪行為ですし、あまりいい言葉ではないので流行語になってほしくないですね。

 

 

 

ニュース
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました