LINEモバイルが終了?!解約しないとヤバい!ソフトバンクに強制移行になる?!

ニュース

ソフトバンクが新しい低料金サービスのLINEMO(ラインモ)を発表しましたね。完全にahamoにネーミングをかぶせてきています。

 

3月17日からスタートしますが、LINEMOのスタートに合わせてひっそりと終了するサービスがあります。それは、LINEモバイルです。

 

LINEモバイルのソフトバンクsimを使っている人は問題ありませんが、ドコモやauのSIMを使っている人は要注意です!ソフトバンクの強制的に切り替えてしまう可能性があります。

 

どういうことなのかを見ていきましょう!

 

20GB2,480円のLINEMOがスタート

ソフトバンクがahamoの対抗として、Softbank on LINEとしていたものを新たにLINEMOのサービス名で開始します!

出典元:LINEMO公式サイト

 

KDDIのpovoと同じように、無料通話なしの20GBで2,480円のプランを出してきました。5分通話はオプションで付けることができるようです。

 

LINEMOの特徴は次の2つがあります。

 

1.LINEの音声通話やビデオ通話がノーカウント
2.LINEスタンプが使い放題(月額240円分)

 

LINEのサービスの一部が使い放題になるんです。ソフトバンクがLINEと提携したことでLINEの強みを出してきましたね。

 

しかもLINEMOの契約はLINEで完結できます

 

最短1時間で使えるようになるLINEMO

LINEMOはオンライン専門のブランドとなるので、契約から問い合わせまですべてオンラインで行います。ここで出てくるのがLINEです。

 

LINEMOならではの特徴として、LINEから契約の申し込みができる。eSIMを契約する場合、本人確認はeKYCで行い、LINEアプリ上から本人の顔や身分証の写真を撮影する。eKYCとeSIMなら、物理SIMの到着を待つ必要がなく即日開通できる。寺尾氏によると、「早ければ1時間以内に使えるようになる」という。

出典元:ITメディア

 

LINEで契約や本人確認ができるというのは画期的ですね。店頭に行かずに契約することができるので、1時間以内に使えるようになるようです。

そのほかのサービスもLINEで行うことになるでしょうね。

 

新規受付を終了するLINEモバイル

LINEMOのスタートに合わせてひっそりと終了するのがLINEモバイルです。まだLINEモバイル自体が終了するということは決まっていませんが、新規受付は3月31日の11時に終了します。

 

新規受付とともに終了するのは以下のサービスです。

機能 2021/3/31(水)11:00以降
新規申込(追加申込/招待プログラム含む)受付停止
招待URL発行受付停止
エントリーコード受付停止
プラン変更・各種オプション変更サービス継続
ソフトバンク回線への回線変更サービス継続
SIMサイズ変更・SIM再発行サービス継続
支払方法変更・LINEポイント支払いサービス継続
LINE年齢認証サービス継続
契約内容・料金明細確認サービス継続
データ通信量確認サービス継続
データ容量の追加購入サービス継続
データプレゼントサービス継続
機種変更サービス継続
契約者連携、利用者連携サービス継続
利用停止サービス継続
MNP転出・解約サービス継続

出典元:LINEモバイル

 

注意としては、3月31日の11時以降、ドコモやauへの回線の切替はできなくなるとのことです。

 

LINEモバイルのサービスは継続するの?

公式サイトには、LINEモバイルのサービスは継続するとしています。

気になるのが、ソフトバンクのプランに強制移行するということですよね。今は強制移行しないとしています。ただ、今後考えられるのは以下の2つです。

・何らかの形でソフトバンクのプランに切り替わる
・ドコモやau回線のLINEモバイルのsimが使えなくなる

上記の内容は簡単に思いつくことなので、どちらかになりそうですね。なので、現在、LINEモバイルを使っている人は、そのうち使えなくなるということを想定しておくことが必要ですね。

 

まとめ

今回は、ソフトバンクの新サービスLINEMOの陰でひっそりと終了するLINEモバイルについて記事を書きました。

LINEモバイルとしてのサービスは継続するものの、新規の受付を停止するならどこかで終了するときが来ます。その時にどのキャリアに行くのかを考えておく必要がありますね。

ニュース
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました