プラスチック新法案の対象はどこ?スプーンが有料化?法案が成立したら私たちの生活にどんな影響があるの?

ニュース

本日、プラスチック新法案というものが国会で成立しました。プラスチックスプーンなど無料でもらえるものがなくなるということなのですが、どこまでが対象になるのか。そして、プラスチック新法案が施行されると、私たちにどんな影響があるのかを見ていこうと思います。

 

プラスチック新法案の対象になるのは?

プラスチック新法案とは、使い捨てのフォークやスプーンの提供を規制すること盛り込んだ法案で、提供する場合には有料化も検討しているようです。

また、法案が施行後、使い捨てのフォークやスプーンなどの提供が発覚すると、50万円以下の罰則が科せられます。

環境破壊となるプラスチックの削減ということで、スプーンやフォームなどが挙げられています。対象はどこなのでしょうか?

規制の対象はコンビニのスプーンやホテルのアメニティ

現在、明らかになっている対象はコンビニで配られるスプーンやフォーク、そしてホテルでのアメニティで設置されているプラスチック製品のものです。

どんなものが有料化されるのでしょうか?

コンビニでは以下のものが該当します。

・スプーン
・フォーク
・ストロー
・コーヒーの蓋

ホテルでは以下のものが該当します。

・歯ブラシ
・シャワーキャップ
・ヘアブラシ

対象となる事業者はこれから決まるようです。2022年4月から施工されるので、今年中に決まるでしょう。

おそらく、スーパーやファストフード店や飲食店の持ち帰りなども規制の対象になるかもしれません。

買い物袋同様にほとんどの業種でプラスチックの製品が使えなくなる可能性もあります。

 

私たちの生活への影響はどんなものがある?

プラスチックのスプーンやフォークなどの提供がなくなるとかなりの影響がありそうですね。お弁当を購入するとき、当然のようについてきたスプーンやフォークが付いてこなくなるので、舞スプーンを常に持ち歩く必要があります。

また、コーヒーを購入するとき、蓋がなくなるか、ほかのものになる可能性があります。そうすると、飲みにくかったり、持ち歩きがしにくくなります。

 

それぞれ、有料化になってくると、安いと思われていたコーヒーが高くなったり、スプーンを余分に購入したりする必要があります。

直接、私たちの家計に影響のある法案ですね。

 

ただ、抜け穴もあるかもしれません。店内での飲食ならOK、持ち帰りはNGなど。

規制がどこまでの範囲なのかはこれからわかってくると思います。

 

ただ、私たちの家計にかなり影響のある法案ということが言えると思います。

環境破壊は防ぐ必要がありますが、私たちの家計の破壊は避けてほしいものですね。

 

今後の法案について状況を見ながら、追記していきます。

 

まとめ

今回は、プラスチック新法案についてみていきました。

内容は、コンビニやホテルなどのプラスチック製のものがなくなるか、有料化されるといったものです。代替品がなければ、おそらく有料化になりそうですね。

情報がわかり次第、追記していきます。

ニュース
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました