大月鰤は売り切れ?養殖ブリが28万匹余っているとSOS。また購入する方法は?

新商品

新型コロナウィルスの影響がいろいろなところに出ています。旅行業界や飲食業界はもちろんのこと、食品の卸業者にもお店からキャンセルの連絡が入ったりしています。

 

私たちの想像のつかないところで、被害が出てきているのですね。少しでも応援できるようにと思い、今回はSNSで爆売れした大月鰤について記事を書いていきます。

 

大月鰤とは何か?売り切れてしまったのか?まだこれから購入できるのかなどを紹介します。

 

大月鰤とは

大月鰤は高知県大月町で養殖されているブリのことです。

大月町は高知県の西南端にある人口約5,000人の小さな町。

 

ただ、この町では農業と漁業が発展しています。

温暖な気候のお陰で栄養たっぷりの野菜が育っています。

ナス、オクラ、さつまいも、みかんなどの柑橘類、葉タバコ、お米などが収穫できます。

 

そして、漁業は主に養殖です。

養殖しているのは、クロマグロ、ブリ、カンパチ、タイ

 

養殖しているブリを大月鰤というブランドで料亭などに卸しています。

 

通常は市場に出回ることはありません。料亭でいただくか、ふるさと納税で食べることができます。

 

今回、この大月鰤に大変なことが起こりました。

 

大月鰤が28万匹余っているとSOS

新型コロナウィルスの影響で旅行がキャンセルになったため、料亭から大月鰤の購入が控えられ、高知かわうそ市場ではなんと!28万匹も余ってしまったのです!

余ったものを廃棄しないようにと、通常の4割引きでだれでも購入できるように働きかけました。

Twitterで4割引きで購入できるとツイートしたところ、メジャーリーガーのダルビッシュ有選手の目に留まり、アメリカに送れたらな~と引用RTが。

その結果、多くのユーザーの目に留まり、注文が殺到!

 

 

いろいろなメディアにも取り上げられました。

 

購入したとtwitterで報告ツイが

ダルビッシュ有選手のRTで購入した人や高知かわうそ市場のツイートをみて購入した人が続出!

 

ぞくぞくとTwitterで購入したとツイートをしていました!

https://twitter.com/0319knj/status/1327068191248400385
https://twitter.com/fjgyMiu/status/1327169670726619137

 

あまりにも注文が殺到のしたのか、高知かわうそ市場では売り切れの文字が。。。

 

これから、購入しようと思っていた人たちは変えないのでしょうか?

 

大月鰤は売り切れか?

高知かわうそ市場のツイートからサイトを見てみると、

売り切れの文字が。。。

本当に28万匹の大月鰤が売り切れたのでしょうか?

詳しくサイトを見てみると次のような文章がありました。

注文が殺到して、半身の加工に時間がかかるため、いったん受付を停止しているという文字が!

 

ということは、まだ購入できます!

 

twitterでも同様の内容がツイートされていました

https://twitter.com/kirayumekira/status/1329040202770255872
https://twitter.com/o_sam_harakiri/status/1329168526456733696

フードロスをしない、高知かわうそ市場の思いが国民に届き、一気に殺到した結果ですね。

 

2020年11月25日に大月ブリの注文再開

大月ブリの注文は2020年11月25日に再開したようですが、4時間で売り切れとなったようです。

https://twitter.com/megucha2525/status/1331216196323090432

 

https://twitter.com/coacrepan/status/1331461176887111680

 

また、再開すると思いますが、いつになるかはわかりません。

28万匹の大月ブリをみんなで注文しよう!

 

注文した大月鰤が届かないという人も

注文が殺到している高知かわうそ市場の大月鰤を購入できたけど、まだ届かないし、連絡が来ないという人が続出!

 

いったいなぜなのでしょうか?

こちらの記事で解明してみます。

大月鰤は注文しても届かない?高知かわうそ市場に連絡してみた!その結果は・・・
twitterで大月鰤が届かないというツイートがあふれていたので、その真相を追ってみました。11月に28万匹の大月鰤が余っているということで、多くの人が応援のために購入。その結果、どうなっていくのでしょうか?

大月鰤はふるさと納税でも購入できる

高知かわうそ市場でどうしても大月鰤を購入できないときは、ふるさと納税のサイトからでも大月鰤を購入することができます。

 

楽天
ふるさと納税では、大月鰤一本分を購入できます。

大月鰤を購入で応援できるし、購入した金額から2,000円を引いた額が控除されるので、いいことずくめですね。

 

ふるさと納税もおすすめです!

ふるさと納税で購入する

大月鰤はどんな状態で届くの?

高知かわうそ市場のサイトを見るとすでに切り身にしている写真がありますが、切り身では届きません。

 

半身を注文した方は柵の状態で届きます。

そして、一匹丸ごと注文した方はエラと内蔵が取り除かれた一匹が届きます!

一匹丸ごとのブリを裁くときは、出刃包丁があると便利です!

 

普通の包丁だと裁くのにかなり時間がかかります。出刃包丁で解体するとあっという間にできますから。

 

大月鰤の鮮度は?

次にブリの鮮度が気になりますよね。高知かわうそ市場によると活〆をして、神経抜きをして鮮度を保っていると表記がありました。

 

神経を抜いただけでおいしくなるの?

神経を抜くだけで、味がかなり変わります。神経抜きとは、魚の脳死状態を作ることです。

脳が出す『死にました』という命令信号を、神経を破壊することによって、魚にストレスが行き渡らないようにする方法です。

手順としては、

1.脳を破壊する
2.脊髄を破壊する
3.血を抜く

以上です。魚をおいしく食べるための知恵ですね。

 

ストレスは魚のうまみをなくす

釣りをしたことがある人はわかると思いますが、釣った直後の魚はめちゃくちゃ暴れますよね。

 

魚が暴れればそれだけストレスがかかることになります。ストレスを与え続けると、うまみ成分の素がどんどんなくなります。

神経抜きをするとうまみ成分の素の減少を抑えることができます。

また、生きているうちに活〆をして、神経抜きをすることでうまみたっぷりの魚を味わうことができるのです。

 

大月鰤の販売が終了

とうとうこの時が来てしまいました。高知かわうそ市場から、大月鰤の販売を一旦停止すると連絡がありました!

 

これから購入しようと思っていた方にはショッキングな情報ですよね。

ただ、まだ購入できる方法がありました。

 

それは・・・こちらにあります。

大月鰤はもう買えない?まだ購入できるのか確認したところ意外な事実が!!
2020年に話題になった一つに高知県の大月鰤がありました。新型コロナウイルスの影響で、大月鰤を下ろしていた料亭や旅館から購入できないという連絡があり、28万匹も売れ残っているとtwitterでSOSしたところ、多くの方が応援するために購入。

 

 

まとめ

2020年11月21日現在、高知かわうそ市場のサイトを見てみるとまだ売り切れの状態でした。まだ28万匹は売り切れていないので、そのうち注文再開するのではないでしょうか?

 

それにしても、新型コロナウイルスの影響は考えもしなかったところに出てきていますね。第3派が来て感染者が増えているなら、さらなる影響が出てきそうです。

新商品
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました