【エール】志村けんさんの最後のシーンがまだあった?最終週を見逃すな!

芸能系

朝ドラ「エール」は11月23日の週が最終週ですね。新型コロナウィルスの影響によりいろいろなことがありました。

一番の衝撃は、放送の延期よりも「エール」の重要な役を担っていた志村けんさんが亡くなったことですね。

 

いつも、番組では見せない、いっさい笑いのない役を完璧にこなしている志村けんさんに国民のだれもがひきつけられたのではないでしょうか?

演技やセリフ一つひとつに思いが込められている、そんな方でした。

 

しかし、エールについて重大発表がありました!

 

なんと、最終週でも志村けんさんが登場するということがわかったのです?!

志村けんさんが演じている大物作曲家の小山田耕三(おやまだこうぞう)は最後に何を語るのでしょうか?

 

最後まで視聴者をくぎ付けにしますね。

 

今回は、最後のシーンを振り返りつつ、最終週にはどのように登場するのかを見ていきましょう!

 

第79回が最後のシーンだった

志村けんさんが最後に登場したのは10月1日の第79回でした。

 

第79回では、音(二階堂)が軍事施設などに慰問を行う“音楽挺身隊”に参加する様子が描かれた。音楽教室は閉めざるを得なくなったものの、戦争色が濃くなっていく世間の空気に馴染めずにいた音は音楽挺身隊への参加にも消極的だったが、妹・梅(森七菜)に背中を押されて入隊を決心したのだった。

その音楽挺身隊を運営するのが「報国音楽協会」。日本を代表する作曲家・小山田耕三が会長を務める団体だ。79回冒頭、秘書から音楽挺身隊新加入者の名簿を手渡された小山田が、“古山音”の名前に目をとめる様子が描かれた。

出典元:ヤフーニュース

 

志村けんさんの最後のシーンは第79回の冒頭で、「古山 音」の名前に目を止める場面でした。

このシーンが最後でした。

 

ファンからは感動と感謝の声が

エールを見ていた視聴者やファンからは志村けんさんに対して感動と感謝の声が数多く挙げられていました。

亡くなった後も影響を与え続けるなんて、まさに令和のチャップリンだったのではないでしょうか?

 

しかし、さらに続報がありました!

なんと、エールの最終週に志村けんさんが登場します!

どのように登場するのでしょうか?

 

最終週に再登場?!

週刊文春が情報源です。なんと11月27日(金)に終わるエールの最終週に志村けんさんが再登場するのです!

 

11月27日(金)に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「エール」(総合 午前8時~ほか)。最終週の放送に、今年3月末、新型コロナウイルスによる肺炎のため、70歳で亡くなった志村けんが再登場することが、「週刊文春」の取材でわかった。

出典元:文春オンライン

 

このニュースが発表されるとファンからは歓喜の声が!

 

いったいどのようなシーンで登場するのでしょうか?

どんな場面で出てくるのか

週刊文春によるとエールの監督とチーフプロデューサーが次のように話しています。

チーフ演出・吉田照幸監督が志村の再登場を明かす。

「最終週に出てきます。最後のシーンは、涙でモニターが見えませんでした。実はサプライズがあるので楽しみにして下さい! 『最後まで面白いものを作るんだ』。これが志村さんの哲学ですから」

 

制作統括・土屋勝裕チーフプロデューサーも続ける。

「僕も編集室で見て驚きました。志村さんは我々に最後まで“お土産”を残していってくれました」

出典元:文春オンライン

 

この言葉から察するに、過去の登場シーンではなく、このために撮影した場面だったのではないでしょうか?

そして、11月20日のあさイチに主人公の古山祐一を演じる窪田正孝さんが出演されるので、最終週について何かを語るのではないかという感じもします。

最後まで楽しませてくれる志村けんさんに本当に感動します。

志村けんさんの人生がコメディアンですね。

 

志村けんさんの登場は11月26日の第119回

なんと、志村けんさんの登場の発表がありました!

なんと!11月26日の第119回です!!

 

公式サイトにはこのような表記が

東京オリンピックが終わり、裕一(窪田さん)の元に、小山田耕三(志村けんさん)が亡くなる直前に裕一に宛てて書いたという手紙が届けられる。その手紙に書かれていた小山田の最後のメッセージとは……。

 

最後のメッセージが語られます。

本当に最後まで目が離せない!

 

志村けんさんの最後の場面はこちら

笑顔の志村けんさんが取れていますね。

 

これは偶然撮影されたオフショットというから驚きです!

 

志村さんの初出し映像は、実際は現場でほかの人がNGを出した時に思わず笑っていた志村さんがたまたま映っていた映像を編集担当が見つけてくれたんです。奇跡だな、と思うのはミラーショットじゃなかったら使えなかったかもしれないということ。鏡に映っている顔だから、思いを馳せることができる。本当に、偶然撮れていた映像なんです。志村さんは、本当に子どもみたいな笑顔をされる方で、それをこういう形で表現できて、みんなで頑張って、努力して、思いが詰まった作品ではこういう奇跡みたいなことが起こるんだな、と思いました

 

最後まで、今までにない演技をしてくれた志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。

志村けんさんは偉大な人だった

志村けんさんはドリフターズの時から知っています。小学生の時から見ているので、とても面白いなと何を見ても笑いのツボにはまりました( ´∀` )

 

ドリフターズが終わった後も、カトちゃんケンちゃんの番組や志村魂、志村動物園など数多くの番組を見てきました。

 

番組の内容により志村けんさんの魅力がどんどん出てくるなという感じがしていました。

そして、エールでは普段、演じることがない役柄なのに、完ぺきにこなしている姿に、まさに神のような、感銘を受けました。

 

70歳になっても挑戦し続ける姿はとても印象的でした。

 

まとめ

今回は、エールの最終週に志村けんさんが登場することを記事にしました。

いったんどんな内容で出てくるのか、とても興味深いので見逃さないようにします!

 

いつまでも視聴者のことを思っている志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。

芸能系
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました