【炎上】Trelloで公開された不採用理由が明らかに?!まだ検索できるの?

ニュース

プロジェクト管理ツールのTrello(トレロ)が炎上しています。その理由は、Trelloに記載していた個人情報がGoogleで検索できるようになっていたことが原因でした。

その結果、就活生の個人情報や不採用理由が全世界に公開される自体に?!

非公開のはずがいつの間にか公開になっていたようなのですが、一体なぜ、公開してしまったのか。

 

Trelloに書き込まれた赤裸々な不採用理由が公開

日本のある企業が利用しているTrelloに採用状況の様子が書かれていました。

そして、Trelloが公開設定になったおかげで、不採用の理由がすべて見れる状態に

新卒や中途採用で不採用となった人の理由が明らかになりました。

これまでは選考基準などの不明確な内容でしたが、ここまで赤裸々な情報が出てくるといいのですが、公開されてい待ったため、大炎上しています。

 

 

流出した情報は多岐にわたる

今回、Trelloで流出した情報は就活生の個人情報だけではありませんでした。パスワードやクレジットカード情報まで記載していたため、全てが筒抜けに

 

・就活生の個人情報(顔写真、本名、住所、電話番号など)

・就活生の採用情報漏らすバカ企業と不採用者をボロカスに影すバカ人事

・パスワードやクレカ情報などをメモ代わりに書いてるバカ

・社内パスワード全晒し企業

・反社の水商売に売る?女リスト

・楽天銀行の暗証番号とパスワード

・YouTubeアカウントのパスワード、クレカ情報、銀行 口座、住所をセルフ開示してるバカップル

・片想いしてる女医の電話番号や生年月日など晒しまくってるメンヘラストーカー医学部男

・未成年の水商売志望者の個人情報晒してる反社

·風俗志望女のパスポート画像晒してる反社

・免許証画像を晒しまくってる反社

・AV女優の個人情報

・ホロライブのVTuber、さくらみこのネタ帳

・社員?のブチギレまくった愚痴を書いてる社長

・漫画家の編集のスケジュール表

・さかなクンのマネージャーのスケジュール表

・橋本岳(厚労副大臣)の後援会のプライベート情報

・パパ活してるアホ

・ワクチン治験者リスト

・省庁の情報書き込んでるバカ

・企業間(しかも大企業)の取引書き込んでるバカ

・テレビ番組のキャステイング進行表

・エンデルリングのネタバレ

・アムウェイの勧誘リスト(個人情報丸出し)

・ロイター通信記者のバズフィード記事原案

こんな情報まで見られるようになっていたとは、Trelloを使っていた人たちは涙目ですね

 

公開設定にした理由は、共有するため?

Trelloの公開設定ですが、デフォルトでは非公開になっています。

誰かが公開に変更する以外に公開する方法はありません。

https://twitter.com/satorunet/status/1379135822591455240

 

Trelloの公開設定を公開にすると、Googleで検索されると明記されていました。

このチームは公開中です。リンクによって誰でも閲覧でき、Googleのような検索エンジンにも表示されます。このチームのボードを追加、編集可能なのはチームに招待された人のみです。

 

チーム外の人に共有するためだった?

公開したのは、おそらくTrelloのチーム外の人にも共有するためだったのではないでしょうか?

非公開の状態だとチーム内でしか共有できないですね。

チームに招待するのが面倒だったので、公開にしてしまったというオチが気がします。

担当者のITリテラシーが問われますね

 

Trelloの内容は今も検索できるの?

Trelloの投稿内容は現在も検索できるのでしょうか?

検索する方法は「site:trello.com キーワード」

キーワードには知りたいものを入れてみてください。

 

例えば、site:trello.com 不採用 で検索するとこのような結果になります。

検索結果は表示されますが、詳細のページは表示されませんでした。

あとは、この結果がいつ消えるかということですが、Googleのことなので、すぐに消えてしまうでしょう

 

まとめ

Trelloで個人情報が流出するのは、以外でしたね。日本企業のITリテラシーの低さが顕になった結果でしょうか。

キーワードによってはまだ公開されているものがあるかもしれません。

ニュース
記事が気になったらフォローする
げんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました